naoyuki's blog

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
イベント決定! 21:35
0

    Official WebやSNSでお知らせしましたが、夏に菅 直行& Band of the Planet主催のイベントを開催します。

     

     

    ◆2018/7/29(日) 下北沢440

    "The Session〜with friends〜"

    OPEN 18:30  START 19:00

    ADV ¥3,000(+2d)  DOOR ¥3,500(+2d)

    [ACT]

    菅 直行& Band of the Planet

    Vo.& Gt. 菅 直行

    Gt. 菅 大助

    Ba. 黒江 和洋

    Guest Dr. : WING TSUBASA, 咲月(from Mercury), and more

    [入場順]

    1. 出演者手売り (5/11〜)

    2. 440店頭(発売中)

    3. プレイガイド(イープラス) (発売中)

    4. Official Web予約 (受付中)

     

    お問い合わせ:下北沢440

     

    兼也さんとのラストライブが終わってこれからの事を色々考えてた時に、

    「今だからチャレンジ出来る事があるかも」ってカズくんからアイデア貰って。

     

    何人かのゲストドラマーをお招きして、Planetのナンバーをセッションするイベントです。

     

    440を選んだのは、通常のスタンディングのライブと違ってライブハウスに来て下さる皆さんにも、

    椅子に座ってリラックスしながら音楽や食事を楽しんで貰いたいと思ったから。

    (雰囲気も音も良いし、お酒も美味しいしね♪)

     

     

    振り返ってみると、同じメンバーで4年間一緒に演れたのは奇跡みたいなものかもって思います。

    サポートと言っても皆メンバーみたいに音楽に取り組んでくれたし。

     

    だからこそ焦って活動するより、いっそこの状況を楽しんでみようと。

    新しいトライだし不安も多々あるけど(笑)、充実したイベントになるようにこれから色々練っていきます。

     

    出演者は現時点での最新情報。

    詳細は随時Updateしていきます。

     

     

    素敵な夏の思い出を一緒に作りたいな…宜しくです!

    | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
    Tonight 23:36
    0

      朝起きて窓を開けて、差し込む陽射しに少しだけ夏の訪れを感じました。

      春の柔らかさと違って…もっと光と影がハッキリしてるような。

       

      先月末のCLUB QueでのPlanetライブから、「Tonight」の映像をYouTubeにUPしました。

      アコースティックソロでも時折唄っていますが、映像を観てるとアンサンブルに4人の魔法がかかってるなって改めて思います。

       

       

      「Tonight」

       

      くすぐり合う指と指で 確かめたい秘密の合言葉

      それはまるで稲妻のように 身体中を駆け巡って消えた

      どうして触れてるだけで そんなに解るの?

      君が想ってる事も 僕が感じた事も

       

      愛したい Tonight, Tonight, Tonight

      昨日の続きから

      始めたい Tonight, Tonight, Tonight

      声にならない声を聴かせてよ

      耳元で こんな風に

       

      真夏の夜にはにかんだり 冬の朝にうつむいたりしては

      瞬きする度にいつも 君はふっと違う顔見せるね

      そのすべてが謎めいて 見えるのは恋かも

      それも判らない位に 深く蝕まれて

       

      求めたい Tonight, Tonight, Tonight

      明日を忘れたら

      止まらない Tonight, Tonight, Tonight

      耳障りな噂捨てながら

      喉元に 口づけて

       

      何も纏わずにそっと 触れても良いだろう?

      二人抱き合う程に 心は満たされて

       

      愛したい Tonight, Tonight, Tonight

      昨日の続きから

      始めたい Tonight, Tonight, Tonight

      声にならない声で

      求めたい Tonight, Tonight, Tonight

       

      Tonight...

       

       

      明後日の夜に皆さんに新しいお知らせが出来そうです。

      明日も良い一日を♫

       

      Photo by TOKI

       

      | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
      シマソニ2018 21:04
      0

        嶋田さんから「SHIMADA SONIC2018」のデジタルフライヤーが送られてきました。

         

         

        嶋田さんとは毎年のツアーやイベントでジョイントさせて貰ってますが、シマソニへの参加は初。

        自分は2Daysの初日にアコースティックソロで参戦。

        フライヤー貰って改めてテンションが上がったよ!

         

        ◆2018/5/11(金)下北沢440

        "SHIMADA SONIC 2018"

        OPEN 19:00  START 19:30

        ADV/DOOR ¥3,500(+2drink)

        w/NAOKI SHIMADA with Jah-Rah, Okahirock

        ※アコースティックソロでの出演となります。

         

        チケットのご予約はHPの「TICKET」より承っています。

         

         

        今日も新しいハコの下見に行ってました。(歩き過ぎて少し足が疲れた!)

        ライブも勿論そうだし…一つ一つの出会いを大切にして明日へ繋げていきたいな。

         

        良い週末を♫

        | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
        Voyager 22:59
        0

          う〜ん、スギの次は一体何の花粉だろう?

          毎日溢れてくる諸々と闘いながら新しい曲を書いています。

           

          この4月から新しい環境に身を置かれた方も多いのかな。

          期待と不安はコインの裏表みたいなものだし、毎日楽しく過ごして下さい。

           

          一方、春は出会いや別れの季節ですね。

          何も根拠は無いけれど、生きていればまた何処かで不思議と交差する瞬間があるんじゃないかなって。

          そんなテーマの春の歌。先日のアコースティックソロで披露した新曲「Voyager」。

           

           

          「Voyager」

           

          見つめ合う度にほら 二人離れてしまう

          行先の違う船に揺られて

          だけど迷いの中も ただ前を向いていよう

          またいつかきっと会えるはずと

          Yeah, Yeah

           

          スクランブルの海で自分を見失い

          気がつけばいつもクラクション鳴らされ

          その度仮初めの愛にすがりたがる

          イミテーションだと気づいているのに

           

          道しるべ失くした いたいけな夜は独りで

          逃げ込むベッドも 見つからないまま ああ そう

           

          求めあう度にほら 二人離れてしまう

          行先の違う違う地下鉄に乗って

          今は深い闇でも ただ前を向いていよう

          またいつかきっと会えるはずと

          Yeah, Yeah

           

          朝が訪れても 一つも変わりやしないね

          それでも胸の中の鼓動が ああ そう

           

          見つめ合う度にほら 二人離れてしまう

          行先の違う船に揺られて

          だけど迷いの中も ただ前を向いていよう

          またいつかきっと会えるはずと

          Yeah, Yeah…Oh

          Yeah, Yeah…Oh

           

          Photo by TOKI

           

          | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
          Planet 3.30 Live Photo 22:53
          0

            先週末の菅 直行& Band of the Planetのライブフォトが上がって来ました。

             

             

            今回も素敵な写真がいっぱいあったので、Official WEBの「GALLELY」にUPしています。

            (All Photo by TOKI)

             

            改めて、忙しい中ライブハウスにお越し下さった皆さんへ感謝です。

             

            ありがとう、良い週末を♫

            | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
            春が来た 23:12
            0

              一昨日の日曜日は下北沢Lagunaにてアコースティックソロ。

               

              一か月半ぶりの弾き語り、思う存分プレイしました。

              早い時間からライブハウスに足を運んで下さった皆さん、心から感謝です♫

               

               

              2018.4.1 set list

              1.Snow Badge

              2.無言でキス

              3.シンデレラ

              4.Voyager(NEW)

              5.悲しい夢を見た後で

              6.ヘイ・ジュテーム

              7.センチメンタル

              8.Moonlight Lover

               

              前々日がPlanetのライブだったから、セトリも含めて違った空気のライブにしたくて。

               

              新曲の「Voyager」、本番は少し力が入っちゃったかな。

              MCでお伝えしたけど、出会いと別れと再会の歌。

              ラストナンバーは前夜のブルームーンに捧げて。

               

              Photo by Masumi

               

               

              Lagunaのステージはとても皆さんとの距離が近いです。

              緊張とアットホームが背中合わせのような。笑

              また演りたいな!

               

              共演の方々にもお世話になりました。

              The Sundanceのお二人のグルーヴとハーモニー、山田晃士さんの圧倒的な存在感。流石でした。

               

               

              東京の街もあっという間に春になりました。

              少し切ないのに希望に胸が躍る季節。

               

              次のステージではどんな事を皆さんに届けられるかな…楽しみに待っていて下さい。

               

              明日も良い一日を☆

              | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
              4Years 19:09
              0

                昨晩は菅 直行& Band of the Planet @CLUB Que。

                ドラムに兼也さんを迎えてのラストGIGでした。

                 

                忙しい中ライブハウスに足を運んで下さった皆さん、心からありがとう。

                素晴らしい夜になったよ!

                 

                 

                2018.3.30 set list

                1.裸の王様

                2.フリーダム

                3.無言でキス

                4.チューインガム

                5.Tonight

                6.Lover

                7.Daydream

                8.Dance To The Music

                EN.君を連れて

                 

                共演のDannie B. Good、ファンファンサニーズ、スタッフの方々にも感謝です。

                サニーズさんの叙情のある唄、ダニーさん達のハッピーなロケンロー、カッコ良かったね!

                 

                 

                昨日はノスタルジックなライブにしたくなかった。

                 

                改めて…兼也さんと一緒にプレイした4年間、ずっと幸せな時間でした。

                振り返るといつも笑顔で返してくれた。

                最初に音合わせした時の事をこれからもずっと覚えてると思います。

                 

                バンドはこれからも続いてくけど、昨日は自分の中でも一つの区切りでした。

                また良いお知らせが出来る日を待っていて下さい。

                 

                明日はLagunaでアコースティックソロ。

                皆様のお越しをお待ちしています♫

                | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
                Planetリハ 10:11
                0

                  昨日はPlanetリハ。

                  30日の本番に向けて良い感じで仕上がってるよ!

                   

                   

                  兼也さんを迎えてのラストライブ、良い夜にしたいな。

                  いや…するぞ!

                   

                  ◆2018/3/30(金)下北沢CLUB Que

                  "better seen"

                  OPEN 18:30  START 19:00

                  ※出演予定時間 20:40〜

                  ADV ¥2,500(+d)  DOOR ¥2,800(+d)

                  w/ファンファンサニーズ, Dannie B. Good

                   

                  当日はPlanetの出番はトリだけど、時間のある方は是非他の演者さん達も観て頂けると嬉しいです。

                  チケットのご予約はOfficial Webより承っています。

                   

                   

                  窓の外は桜が満開です。これから少しお散歩に行こう。

                   

                  週末は下北沢で待ってます♫

                  | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
                  「無言でキス」 00:40
                  0

                    「Lover」セルフライナーノーツ最終回。

                    (ここまで読んで下さった皆さん、ありがとう!)

                    CDのラストを飾るロマンティックなラブソングです。

                     

                    曲が出来たのは一昨年の夏…確か「Lover」のデモを作ってたのと同じ頃。

                    70'sのモータウンみたいな曲を唄いたくて書きました。

                    7thコードや歌詞のイメージは90年代の渋谷系も意識したかな?

                     

                    唄から始まるイントロは、ビートルズとか大好きだしチャレンジしてみたかった。

                    サビの後の兄の美しいギターのリフレインが印象的。俺が最初に作ったデモにはありませんでした。

                     

                    この曲のリズムセクションは湘南のスタジオでカズくんと兼也さんがワンテイクでキメました。

                    二人にとっては肩慣らしだったのかな?良い感じで肩の力が抜けてて。

                    あれは素晴らしい瞬間だった。

                     

                    トラックダウンの事も良く覚えてます。

                    1stヴァージョンを聴いた後、兼也さんから「もっと唄のキラキラ感があっても良いかも」ってサジェスチョンがあって。

                    自分なりに考えて具体的なリクエストをしたら、石田さんからバッチリな音が返って来た。

                    「あ〜、こういう事か!」と。

                     

                    「Lover」の項で「CDの一曲目が大事」って書いたけど、ラストナンバーも同じ位大切にしてます。

                    余韻と言うか…プレーヤーのリピートボタン押して欲しいし。

                    歌詞も含めて今回のベストトラックかもしれない。

                     

                     

                    最後になりますが、今回の制作に関わった全ての方々に改めて感謝しています。

                    Planetのメンバーは勿論、自分のマイルドな声質やバンドの音を完璧に捉えてくれた石田さん、

                    カメラマンのトキさん、いつもサポートしてくれるスタッフの人達…挙げ始めるとキリがないな。

                     

                    何よりもライブハウスに足を運んでくれる皆さんから、自分はいつも創作のエネルギーを貰ってます。

                     

                     

                    ありがとう、明日も良い一日を♫

                     

                    Photo by TOKI

                    | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
                    「裸の王様」 19:21
                    0

                      菅 直行& Band of the Planet「Lover」セルフライナーノーツ、再開します♫

                      Vol.5は「裸の王様」。Planetの初ライブから演り続けてるヘヴィなナンバーです。

                       

                      イメージしたのは70年代のブルージーなハードロック。

                      FURSの後期は60'sビートやネオモッズ的な空気を追っかけてたので、書き上げた時は自分でもちょっと新鮮でした。

                       

                      メインのリフは…確か部屋でギター弾いてて歌詞と一緒に思いついたのかな。

                      テーマを決めてたワケじゃないけど、世の中に対して思ってる事をストレートにぶつけたかった。

                       

                      この曲に限らず、8ビートや16ビートでもちょっとだけハネたリズムが好きです。

                      兼也さんのドラムはいつもその辺のニュアンスが凄く繊細で。

                      初めてスタジオに入った日に何曲かセッションしたけど、この曲のグルーヴの化け具合が一番凄かった。

                       

                      シンプルな構成の曲ですが、徐々にビルドアップしていく兄のギター、

                      兼也さんのハットワークに絶妙なフィルをつけるカズくんのグルーヴィーなベースが冴えてます。

                      今回のレコーディングではビートが変わる後半でハモンドオルガンを入れました。

                       

                      俺のメインボーカルにはエンジニアの石田さんのアイデアでテープエコーをかけていて、

                      これが凄く楽曲の雰囲気とマッチしてて、自分で聴いてても気持ち良いです。

                      各々の楽器のバランスも他の収録曲と違った大胆なミックスで、トラックダウンの最中も変化していく様が凄く面白かった。

                      (ドラムの音、凄いよね!)

                       

                      各パートの見せ場も多くてライブ映えする曲だけど、逆にそのテンションを中々盤に焼き付ける自信が無くて…

                      今回晴れて収録出来て本当に嬉しかった。

                      いつもライブの度にイントロからゾクゾクする曲です。

                       

                       

                      次回はいよいよラストの「無言でキス」へ。

                      明日も良い一日を♫

                       

                      Photo by TOKI

                      | - | - | trackbacks(0) | posted by 菅 直行
                      | 1/95 | >>